写メ日記 | 悪のイメージ

悪のイメージ

悪のイメージ
こんにちは、まいです
花粉も少なくなってきたようですが、皆様いかがお過ごしでしょうか

久々に映画を観ました
ノルウェーのメタルバンド、メイヘムの初期を題材にした『ロード・オブ・カオス』です
マコーレー・カルキン君の弟ローリーが主演していますが、兄弟よく似ていますね
弟君の方がやや女顔なので、宝塚の男役さんより髭が似合わない白人男性初めて見ましたよ!

以前観た『ヘヴィ・トリップ』はフィンランドのメタルバンドを描いたコメディでしたが、共通点が多いというか、北欧人の気質にさほど違いが無いということでしょうか
前者と後者には四半世紀の隔たりがありまして、後者の方がコメディのくせに堅実です

にしても、この80年代から90年代にかけての世紀末感というか、厨二感はメタルにぴったりです

逆十字とかハーケンクロイツとか、黒くて悪っぽいのはそんな雰囲気です
メイヘムの方々は、放火と殺人というガチ犯罪やっちゃってたみたいですが
金銭トラブルはダメ、絶対!

アンチクライストの罰当たり感は、クリスチャンでない日本人には理解というより腑に落ちないのですよね
アンチ○○というのは、対象が確固たる壁でないと意味がないと思うのです

日本のクリスチャンは人口の2%くらいでしたっけ?宗教という娯楽の複数の選択肢の一つでしかなければ、圧倒的権威にはなりえないわけです

まあ、悪魔的メタルを演奏したライブの後には、明るいカフェテリアで打ち上げをするわけですから、地下室の闇の奥には電灯輝く資本主義なのです

資本主義の大悪魔を目指して、土曜日もお待ちしています

ページTOP