写メ日記 | 思想と行動

思想と行動

思想と行動
こんにちは、まいです
今日も良いお天気ですね
こんな事態でなければフラフラお散歩したいところです

緊急事態宣言出ちゃいましたね〜。日本は建前上私権の制限にうるさいので、パッと見電車が空いてて飲食店がポツポツ閉店しているくらいしか違いが無い感じです

さて関係あるような無いような話題ですが、個人の自由の一種で『愚行権』という概念がありまして
『生命や身体など自分の所有に帰するものは、他者への危害を引き起こさない限りで、たとえその決定の内容が理性的に見て愚行と見なされようとも、対応能力をもつ成人の自己決定に委ねられるべきである』とする主張です
わかりやすい例では、飲酒・喫煙ですね

少し前の記事ですが、安田純平さんというジャーナリストが外務省にパスポートの交付を断わられた件です
同じくシリアで拘束経験のあるフランスのジャーナリストのインタビューなんですが、はるかに厳しく慎重な意見でした。フランスでは体を張ってジャーナリズムに貢献したということで帰国後も英雄扱いされたそうですが、「記者が人質になった場合、国際危機になることも本人は知っていなければならない。つまり、彼は国家安全保障に対する莫大な責任がある」と述べています

まあ日本の外務省としては、以前日本人の人質が殺害された経験から、安田さんの三度目の正直は避けたいとストップをかけているということでしょうか

「他者への危害を引き起こさない限り」自己決定権はあるということですが、人間は社会的動物ですから他者への影響が全くないということはありえないわけです
緊急事態宣言で都市での生活を切り上げて帰省するなり別荘暮らしするなりしている人も多いようですが、行動パターンが武漢やイタリアと同じという指摘は頭に入っていないようです
行った先で地元の人に排斥されるなり、地方自治体の長に「来るな」とか「二週間の自己隔離を」と言われるのも、自己決定権の代償ですね

日々愚行権を行使しているわたくしとしては、他者への危害を引き起こさないよう、手洗いうがい健康管理に励む所存です
皆様も健康管理の一環にマッサージでもいかがでしょうか?

ページTOP