写メ日記 | 若冲

若冲

若冲
伊藤若冲の小説を読みました。
初めて伊藤若冲の絵を見たのはアメリカ人のコレクター、ジョー・プライスのコレクションの展覧会でした。この頃は何時間も待つなんてことはありませんでした。プライス夫妻も会場を歩いていたりして😊素晴らしくて何度も見に行きました。

若冲は京都錦市場の青物問屋の長男でしたが、早くに隠居し絵を描いていました。裕福だったので高い顔料を使っていたので今でも色があせずに残っているんですよね。
小説も面白かったです。そうだったかもしれない、と思わせてくれます。

ページTOP